後遺症と後遺障害

交通事故被害に遭ってしまったら、直後というのは手術や入院などで大変ですが、命が助かったらそれで円満解決だと思っていませんか?交通事故被害で怖いのは、そのあとです。なぜなら、後遺症が残ってしまうことがしばしばあるからです。後遺症というのは何年も何年も続くものですから、それだけの長期的なフォローが必要になります。きちんとフォロー、すなわち補償金をもらうためには、後遺障害認定が必要です。ここでは、後遺症と後遺障害の違いについてご説明します。

まず後遺症について再確認しますと、これは事故直後から一定期間の強い症状が治癒した後にも残ってしまった、機能障害や神経症状などを指します。次に、後遺障害についてご説明します。後遺障害とは、交通事故の後遺症の中でも、「労働能力が低下した」とみなされるものをいいます。たとえば、外回りの営業だったのに交通事故に遭ってしまって脚に軽いまひが残ってしまい、それまでの仕事が続けられなくなった……などであれば後遺障害といえるでしょう。

後遺障害については、事故直後の症状とは別に、損害賠償請求の対象となります。しっかり請求できれば、働けなくなったことによる損失額に相当する分や慰謝料、介護料などを受け取ることができます。きちんと補償してもらうためには、どの程度の後遺障害なのかということを示す「等級」を早いうちに認定してもらうことが大切です。事故後はなにかと大変ですが、後々泣き寝入りをしないためにも、必ず後遺障害等級認定をしてもらいましょう。